« 2016年8月 | トップページ | 2016年11月 »

2016年10月

2016年10月28日 (金)

晩秋の庭

Photoシュウメイ菊も散り始め、晩秋だというのに暖かく、毛虫が一杯に薬をまく・・・




Photo_2
我が家の紅葉。




Photo_3ランタナ七変化(上) 普通のランタナ。




Photo_4アプチロン、ツワブキ。




Photo_5風車菊。




Photo_6セージ4種、涼しくなって、切り込んだ枝にまた咲きはじめました・・・




Photo_7プレイガール、今はこの子だけが表庭で皆さんに褒められています・・・鮮やかです







秋も深まって来たのにまだ蒸し暑い日が続いていましたが、やっと今日は晩秋らしくなって
きました、雨模様ですが、雨がやむと寒くなるとか?・・・今年は早めにオコタを出して居たのに、暖かく出番がきませんでした、冬支度も本格的になってきました、フリーズの出番。
皆さまお風邪など召しませんよう気を付けましょうね・・・


















2016年10月16日 (日)

秋祭り

Simg_252410月14~15日は秋祭り、若者たちが待ちに待ったお祭りです、町の人口は何倍にもなり終日ざわざわ日頃静かな田舎町も太鼓や、獅子のお囃子で賑やかに・・・家の近くに、
屋台倉が有り、撮ってきましたお宮は遠いのでパス。







Simg_2528屋台の周りでブルーの志で竹を持った係りの人たちが万一の時に供えます、この色は各町で決まった色が有ります、万一の時とは事故の時もありますが、ほとんど他の町とのけんか,,屋台を絡ませ力任せのぶつかり合いでけが人が出たりしますが荒々しいお祭りです
別名、けんか祭りとも言います・・・




Simg_2526歴史のある屋台で重さ3トンもあるようですお宮に行く時は台車に載せてゆきます、時間が
早いと人も集まらず、若者も力が無いので、年寄りは文句たらたら云っています・・・




Photo彫刻も、刺繍も立派な屋台です・・・




Simg_2529ブルーのシンボルカラーに守られてお宮に向かう屋台、お宮で祭りが始まると若者たちが
集まってきます、担ぎ手は戦いに行く気分でいざ出陣です、初めの日は屋台も無傷で美しく、戦った後は壊れたり痛々しい姿で帰ってきます、そうなると翌年は寄付が多くなります






Photo_2今咲いてるバラ、ブルームーン。




Simg_2511ドンファン、ツルバラなので2階に登っています。




Photo_3ムラサキシキブ、白フジバカマ。




Photo_4ネリネ赤、コレオプシス。




Photo_5浜菊、岩手県の海岸沿いに自然に咲いてるそうです、皇后さまが行かれたとき種を貰われ
皇居に植えられて大切に育てられているそうです、が少々お行儀が良くないです・・・




Photo_6インボルクラータ、コバルトセージ。





Photo_7
ダリア、ガーベラ、夏の花もまた咲きはじめました、まだ温かいせいでしょうね・・・







14~15日は秋祭り、獅子舞のお稽古の笛の音や、屋台倉を開放して子ど達は夕方になると、倉に集まって太鼓をたたいています、小さいころから植えつけられた記憶が郷土愛につながるのでしょうね、都会に出ていても、お祭りには一家で帰ってきます、親はそれを
楽しみに御馳走を作って待っていますが、最近は社会情勢も厳しく、お祭り位で休めなく
帰れない人も多くなってきたようです、お祭り好きの子は休める、地元の企業に就職します























2016年10月 2日 (日)

嵯峨野散策&庭の吾亦紅

Simg_2483庭の吾亦紅が色好いてきました、暴れています・・・奥のパンパグラスも大暴れ・・・



Photo9月30日、日帰りバスツアーで京都に行ってきました、コースの都合で先に信楽へ大きなタヌキが迎えてくれました、信楽焼きの作品も有り、記念にマグカップを買いました・・・


Photo_2嵐山、渡月橋の下は川が大荒れ、こんなに荒れた川を見たのは初めてで、驚きました
此処から自由行動、・・・




Photo_3竹林の小路、写真で良く見かけるので行ってみたかった処、若い人が多いと思ったら
奥に縁結びの神様、野々宮神社が有りました・・・




Photo_4清凉寺、立派なお寺にバスを駐車してここから徒歩で、祇王寺に行くそうで境内を通り抜けて、いる時、ふと見ると秀頼公、首塚があり、歴史の一場面を思い起こし、さすが京都は
何処にでも物語が有る町です。




Photo_5祇王寺門前界隈、15分歩くと云っていたのに、30分も歩きクタクタ、付近は湿気を漂わせた空気がむんむん、蒸し暑く山裾の一角に有った。




Photo_6今日のメイン祇王寺、苔むしたお庭が綺麗でしたが、当時を忍べば悲しい歴史の跡です
平清盛の愛人として、ひっそり忍んで生きた女人の生きざま、愛人だったからなのか祭壇も、貧弱、粗末な住まいでした・・・





Photo_7ナエマ、とてもいい香りです、アーチ咲いているのをカット。




Photo
パフビューディ。








Photo_9ジュピレディ ドゥ モナコ。




Photo_10カフェ、渋い色に・・・




Photo_11アスター満開。




Photo_12野ボタン、シュウメイ菊2種、ガイラルディア。




Photo_13もう終わった彼岸花、。

随分なご無沙汰になりました、10月に入ってしまい朝夕しのぎよくなりましたね、久しぶりの更新です、また頑張りたいと思いますが、マイペースでお許しください・・・
















« 2016年8月 | トップページ | 2016年11月 »